オシリが痛いこんなときどうする?

オシリの痛みの応急処置

自転車に乗っていてオシリが痛くなることってありますよね。そんなときは、サドル(座る部分)の高さを一度見なおしてみましょう。

オシリが痛くなる原因としては、体重がサドルにかかり過ぎている場合が多いです。

サドルの高さが低い場合、オシリに体重がかかりやすくなります。

サドルを少し高くすると、前に体重を分散しやすくなり一時的ではありますが痛みを解消できることがあります。

どうしても痛みが収まらない場合は、何度かサドルの高さを変えて調みたり、休みをとって痛みがおさまるのを待ちましょう。

ママチャリとスポーツ自転車のサドルの違い

ママチャリのサドルは、乗車姿勢が起きた状態になるため大きめでしっかりとオシリを乗せられるような設計になっています。

スポーツ自転車のサドルは、乗車姿勢が前傾で、ハンドル、ペダル、サドルの三点で荷重を分散させて乗る用に設計されています。

見た目は、コンパクトでペダルを回す際にも太ももが干渉しないようにママチャリと比べてもかなり細くなっています。

そのため、ママチャリと同じようにサドルに荷重を預けすぎるとオシリが痛むこともあります。

スポーツ自転車に乗る場合は、ハンドル側に体重を少し傾けるよう意識して乗ってみましょう。

サドルの適正な高さ

サドルに座った状態で、ペダルを一番下に持って行き、かかとを乗せてヒザがまっすぐ伸びる状態が適正な高さになります。

この方法は、スポーツ車で適正な高さを出す簡単な方法として知られていますがママチャリでも同じように使えます。

一般的に見るとママチャリでは低めで乗っている人が多いですが、サドルを気持ち高くあげるだけでも乗りやすさも大分変わってきます。

もし、オシリが痛む場合や知らなかった人は、是非サドルの高さを見なおしてみて下さい。

オシリの痛みが心配な人には電動アシスト自転車がオススメ

これからレンタルするのにオシリの痛みが心配な方は電動アシスト自転車がオススメです。

その理由は、大きめのサドルを使っているものが多いからです。

通常の自転車よりも高級な電動アシスト自転車の多くは、サドルが幅広でクッション性の高いものを使っています。

※同じ電動アシストでも、スポーツタイプや一部該当しないものもありますのでご注意ください。

電動アシスト自転車の取扱店リストはこちら
電動アシスト自転車をさがす